So-net無料ブログ作成
ブラジル ブログトップ
前の10件 | -

ショーロの気安さとジャズの緊張感と [ブラジル]

Brasilianos2.jpg

いやぁこのスピード感。エキサイティングだなぁ。
先日新作を聴いたばかりのアミルトン・ジ・オランダの2009年作「Brasilianos 2」。さっそく購入。スポティファイで聴けるんだけどね。

たしかに新作はこのころと比べると落ち着いた風情が漂ってましたね。
でもあの落ち着いた渋さは、これからの秋口に合いそうで嫌いじゃないんですけど。

ドラム、ベース、ギターにハーモニカとバンドリンという布陣。ギターがアコースティックってとこやテーマ・メロディの爽やかさとかにショーロの根っこを感じますよ。ドラムもベースも歌もののバックの演奏のようにフロントを盛り立てる。

新作と大きく違うのはハーモニカがメロディ楽器として軽やかな彩を添えているところ。
3曲目のガブリエル・グロッシのハーモニカとのユニゾンなんてすごすぎて笑っちゃう。でもバカテク披露会みたいにならずに、ショーロの気安さがジャズの緊張感を和らげて楽しくスウィングするところがミソ。

きらめくようなバンドリンのソロにくらくらしてると、後半には静かに歌心感じさせるプレイでほろっとさせる。
僕のアミルトンの愛聴盤はなんといってもダンスダンスダンスな「Bailo Do Almeidinha」ですけど、こちらもそれに続いてフェイバリットになるでしょう。

そういえばアミルトンってクリス・シーリーと印象が重なるんですよね。ジャンル横断してなんでもやっちゃうとことか。日本でもパンチ・ブラザーズは結構高く評価されてるみたいなので、この人もジャズ・ファンはじめもっと聴かれていいなのになぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

62年のブラジル歌謡の王道 [ブラジル]

Ternura.jpg

タワレコでオーダーしたエルザ・ラランジェイラの「A Noite Do Meu Bem 」が、リリース後たった3か月で廃盤で入手できず、がっくりしたわけなんですが。
そんなこともあって同じくジスコベルタスから再発された62年作「Ternura」は、とっとと入手しましたよ。

全体的に時代が下ってボッサ風味が強くなってますね。オルガンがピョーンっと鳴ったり、コンボ編成のバッキングにムード歌謡なコーラスが入ったりする曲もあったりして、そのどれもが歌謡曲。時代に即して変わっていくのは当然でしょう。たぶん62年のブラジル歌謡の王道はこんなところだったんじゃないでしょうか。

ボッサ風味もまぁ良いんですが、やっぱりストリングス入りのサンバ・カンソンな曲にうっとりしてしまうわけで。
好みとしてはやっぱり「A Noite Do Meu Bem 」が好きですけど、こちらも良く聴いてます。
ジャケがまた洒落てますよね。

ところでと本作でエルザは有名なジョビンの「Água de Beber」、邦題でいうところの「おいしい水」を歌ってるんですね。これってジョビンは63年に録音してるみたいなんですが、とするとこの曲を最初に歌ったのは彼女ってことなんでしょうかね。
そもそも僕はこの曲を誰のヴァージョンで聴いて知ってたのか定かでないんですけど。
nice!(0)  コメント(0) 

ジェラルド・ペレイラを歌う [ブラジル]

CANTAGERALDOPEREIRA.jpg
久しぶりだな。CDをPCに入れたら曲目も何も表示されないのって。
ヴェーリャ・グァルダ・ダ・マンゲイラ のグループとしては何枚目なのかな何しろカルトーラも在籍していた名門エスコーラだからな。

このアルバム、いまどきストリーミングもダウンロードさえも見つからない自主製作盤で、こういうサンバってブラジルの人たちにとってはわざわざCD買って聴くもんじゃないんだろうな。近所を歩けば聴こえてくるもんなんだろうから。

アルバム・タイトル「ジェラルド・ペレイラを歌う」というタイトル通りの伝統の担い手達が先達の曲を歌うっていう作品。でも僕はジェラルド・ペレイラをよく聴いたことないんだけどなぁ。と聴き始めると、一曲目から聴いたことある。どこで耳にしてるんだろう。もう少し勉強しないとな。メインで歌うはタンチーニョです。良い声してるよねこの人。そしてゲストにはネルソン・サルジェントやアルシオーネなどなど。

悪いわけない。
別に改めて説明の必要のないサンバです。素晴らしいです。朗らかで明朗な光に満ちていて。「まぁ人生いろいろあるけどさ。大丈夫大丈夫」と肩を叩かれてるような気になる。
毎度ちょっと泣けてくる。

古紙で作られているというデジパック型のCD。けっこう分厚い写真満載のブックレットもうれしい。みんないい顔してるよな。
ジャケの裏にはやたらとたくさんの企業ロゴ。多分いろんな会社の寄付とかで製作されてるんだろうな。そんなことがタンチーニョのソロ作に書いてあったな。もしかしたら本作もそんな風に企業の文化事業の一環として作られたのかもしれない。こんなCDをそんな風に作るなんて、良い国だなブラジルってさ。

サンバを愛する人は必携の一枚ですよ。
nice!(0)  コメント(0) 

バイーアのメロディ [ブラジル]

Giro.jpg

ロベルタ・サーの新作「Giro」がリリースされました。
特別興味を持ってなかったの人なのに、先行公開されていたジルベルト・ジルとジョルジ・ベンジョールとのコラボ曲に強く惹きつけられていたので楽しみにしてたんですよ。明朗な響きを持った軽やかなメロディにほだされたんでしょうかね。

ちなみに僕は評価の高い初期アルバムはちらっとしか聴いたことなくて、モノクロジャケの前作をストリーミングで聴いただけです。前作はちょっとダウナーな感じで悪い印象はなかったけど、一回しか聴かなかったな。

サンバをベースにしているとはいえ、やっぱりこれはMPBの方に分類されるんだろう。
本作は彼女がジャーナリストのホルヘ・バストス・モレノとの会話からバイーア出身の作家の曲を歌うというコンセプトを思い付き、ジルベルト・ジルと結びついていったことから生まれたアルバムのようです。ジルってバイーア出身なんですね。そもそもバイーアがブラジルのどこにあるのか良く知らないわけで・・・
ジル単独が3曲、そのほかはジルがサーや息子と共作して完成させた曲。

とにかく収められた曲がどの曲も良い。聴き終わったそばからまた聴きたくなる。あとをひく。飽きが来ないメロディ。本作を気に入ったのはそのバイーアもしくはジル特有のメロディ?に惹かれてるのか。弦楽器主体のアコースティックなアレンジも良いし、ジルベルト・ジルの息子がプロデュースしてるとかで、この人がキー・パーソンかな。
何が自分の心を耳をとらえて離さないのか、それを確かめようとするように何度も繰り返し聴いてます。

ポリリズミックなグルーヴと複雑なハーモニー感覚というのが、僕にとってのブラジル音楽の大きな魅力のひとつなんだけど、そういう意味でブラジル音楽の魅力にあふれた逸品だと思います。
ジルとベンジョールとの共演曲のMVを見れば見た目は中年っぽくおばさん化してきたサーの歌も、前作のもの憂い表情が払拭され、軽やかに響き、清々しく五月晴れの空に溶けていく。やはり歌手としてとっても魅力的な人なんですね。

エンディングのフリューゲルホーンも良い感じ。

nice!(0)  コメント(2) 

バイーアに生まれて [ブラジル]

BAHIA DA SAMBA.jpg

あぁもう参っちゃうぜー。
またこんな素晴らしいサンバが聴けるなんてな。
後半に置かれた「Mariá 」を聴いてたらもうなんだか涙が込み上げてきちゃった。

ショップの説明によれば、リアショーン、バタチーニャ、パネーラというバイーア・サンバのレジェンドによる73年の「SAMBA DA BAHIA」へのトリビュート作だという。リアショーンしか知らないけど。もちろんそっちは聴いたことない。

こっちはタイトルが逆で「Bahia Dá Samba」。
本作の3人もはじめて聴く名前、ジャケ左からギガ・ヂ・オグン、セウ・レジ・デ・イタプア、ヴァルミール・リマ。だいたいこのジャケ見ただけで最高に違いないと思ったよ。こんないい顔したじいさん3人が並んでんだから間違いないとサンバ好きなら思うでしょ。事実その通りに最高なんだから。

トリビュート作といっても73年盤の曲をやってるわけじゃないみたいで、3人それぞれの自作を持ち寄って、現在進行形のバイーアのサンバを歌おうってこと。ここでもまたバトンが手渡されてるってわけ。
バイーアに生まれて、この地のサンバに育まれた自分達だからこそ歌えるサンバ。その誇りと愛。
いやぁ素晴らしいね。三人三様のサンバの味わい深さよ。

感動するのはおそらく十年一日のごとく変わらないサンバだろうに、ポップでコンテポンラリーな空気を纏っていること。要は今もこんなサンバが毎日の生活の中でリアリティを持って鳴り響く場があるってことなんだろう。

まだ一回ストリーミングで聴いただけだけどあまりに素晴らしすぎて、これはぜーったいCDで買うからってことでさっそく大枠で記事にしちゃったよ。
昨年モナルコで泣いた人は今年はこれで泣くこと間違いなし。



ちなみに今この記事を書きながらYoutubeにあった73年盤「SAMBA DA BAHIA」を聴いてます。こっちも最高だなぁ。
nice!(1)  コメント(2) 

都市の叙情を湛えたサンバ [ブラジル]

9sambas.jpg

プロデュース業なども手掛けるという才人、ロドリゴ・カンポスの「9 SAMBAS」。
昨年からストリーミングで聴いてたんですけど、じわじわと気に入ってこれは絶対CD買おうと思って、届いたら記事にしようと思ってたんですが、結局正月もとうに過ぎて、ようやく届きました。

先日のパウリーニョ・ダ・ヴィオラの記事の前半の文章は本作を紹介するための枕として記してあったものでした。結局あっちの方を先に入手したわけです。
本作がパウリーニョのサンバの延長線上にあると思ってたんですが、何度も聴いてるうちにちょっと違うかなとも思い始めた。もちろん通じる部分はあるけど、パウリーニョのルーツ学究的なスタンスはロドリゴにはあまり感じられず、もっと今の時代を映したサンバを歌おうという意思を感じます。
ジャケからして現代美術的なセンス。CDだと紙ジャケで黄色いのは帯になっててとりはずせます。

IMG_0577.JPG

1曲目のゲストのロムロ・フローエスも以前の僕にはちょっと敷居が高かった。
フローエスがゲスト参加するだけあってどの曲もアレンジにひねりが聴いてる。クラシックともジャズともいえないホーン・アレンジが施されていたり、時にノイジーなギターも聴こえる。
でもそれもすべて現代の都市や社会を映しているようにも思えてくる。ひねったというよりは目の前に見える風景を音にしたような。フィクションでなくてドキュメンタリー・タッチ。サンバが映す都市のサウンドスケープ。

ギターやカバキーニョはじめ打楽器まで、聴こえてくる音の8割がたは自身で演奏しながらも、フローエス作品に比べれば前衛的というより、瀟洒に愛らしくさえ聴こえるその音楽は丸みを帯び耳にやさしい。
全9曲、都市の叙情を湛え、磨き上げられた工芸品のような佇まいの曲自体も魅力的で、柔らかく芯に温もりをもったロドリゴの歌声は静かに語り掛けるように響いてくる。

うん冬の長い夜にはこんなサンバが良く似合う。

nice!(0)  コメント(0) 

先達への憧憬と敬意を礎として [ブラジル]

Zumbido.jpg

サンバをよく聴くようになっとはいえ、僕が聴くのはオルランド・シルヴァやマイーザなど古い歌謡サンバとモナルコなどのエスコーラ系だけで、サンバのほんの一部なんですね。

昨年ストリーミングでパウリーニョ・ダ・ヴィオラを聴いて良いなとは思ったんだけど、エスコーラ系の人生のなんたるかが滲み出るような味わいに魅せられた者としては、なんかちょっとひ弱というか、学校で勉強してきたみたいな感じが、今一つのめり込むほどにはならなかった。

でも最近エスコーラ系のサンバばかり聴いてので、ああいう白人サンバもあれはあれで悪くないなと。思いなおしまして。
パウリーニョ・ダ・ヴィオラはサンバの中興の祖と言われてるようでで、なるほどこういう人によってカルトーラはじめとする無名のエスコーラ系のサンバに光が当たり、再評価されマルクス・ペレイラ盤が録音されたり、70年代サンバを盛り上げたんだなと言うのもようやく理解しました。

サンバの偉人への憧憬と敬意を表しながら歌うサンバ。
その生真面目さがちょっと詰まんなく感じる瞬間も無きにしも非ずだけれど、それも伝統を歌い継いでいく使命感みたいなものの現われなんだろうと。

ストリーミングではパウリーニョの初期のオデオン盤は少ししか聴けなくて、Youtubeで耳にして気に入ったのが80年のオデオン最終作「Zumbido」です。
タイトルのズンビードと言うのはアフロ・ルーツ・サンバのルーツとなったリズムのことらしいんですが、本作もそうやっていかにも学究的にサンバを追求したアルバムではある。

でもここで聴こえてくる、先達への敬意を礎として、少しずつサンバのなんたるかを手繰り寄せ、リンクをたどり、頭でっかちになる直前に、自身の音楽として放ってみせたサンバは、明るい光の中で戯れ、和やかに聴き手の身体を揺らす。

なーんてパウリーニョの他のアルバムをろくに聴いたこともないのに、知った風なこと言ってますが。
ただデビューから学究的に追求してきたことが、ここにきてようやく先達の真似でなくて自身のサンバとして歌えるようになったんじゃないかなと。

エルトン・メディロスら先輩との共作も交えたオリジナルを中心に、いくつかあるカバーはエスコーラ系サンバの名曲かな。
あくまでも優等生的な佇まいだけれども、先達への憧憬と敬意を礎として歌われるサンバは明朗な光を帯びてなんとも清々しいのです。
nice!(0)  コメント(0) 

我らが人生に手向ける歌 [ブラジル]

Seu Jair Do Cavaquinho.jpg

サンバをよく聴いた1年でしたから最後もサンバで。
今年一番感激したアルバム「Meninos Do Rio」にも参加していたジャイール・ド・カヴァキーニョの2002年のアルバム。2006年に83歳で亡くなっているので、遺作になります。

ポルテーラのサンビスタでしたから、モナルコの先輩ってことになりますね。ポルテーラのアルバムは何枚かあるのでそこでの録音はありますけど、単独アルバムはこれ1枚かもしれない。エスコーラ系のサンバに心酔したマリーザ・モンチのレーベルからのリリース。

「Meninos Do Rio」に参加していた人の中ではもっとも素朴な歌を聴かせていた人で、素朴と言えば聴こえは良いけど、要は素人丸出しなヘロヘロな歌でして。でもこれがまた良いんですよ。味わい深いったらありゃしない。

全曲自作。サンビスタとしての長い人生の中で残した名曲でしょうか。ジャケでも誇らしげにつま弾く名前の由来となったカヴァキーニョ。

こういうエスコーラ系のサンバには新しい言葉を見つけるのが難しい。
特別なことは何もしてないから。でも裏返せばすべてが特別な輝きを放っているともいえるわけです。僕らの人生一つひとつが特別なように。

そんな我らが人生に手向ける歌が詰まったアルバム。またひとつ宝物が増えました。

nice!(0)  コメント(0) 

春風薫るメロウネス [ブラジル]

leilarosaecomeso.jpg

このレイラ・ローザの「Recomeço」を聴いたのは今年の初頭だったか。
ストリーミングで聴いた時に記事にしたけれど、すぐにCDを買ってきて、結構良く聴きました。最近またよく聴いていて、改めて良いアルバムだなと。ベストに選出してもよかったな。

春風のような爽やかなメロウネスがなかなか得難い味わいなんですよ。
記事タイトルを「春風薫るメロウネス」なんてしてから、タイトルの意味を調べてみると「新しい始まり」。イメージ的には遠くないな。
ミナスでもう結構長く活動する女性らしく、コンボ・スタイルのバックにホーンが混じる。エレピやヴィブラフォンも良い感じ。ずっと一緒に活動する仲間なのかグルーヴがフレキシブル。

聴きながら書いてるけど、いやほんと良いアルバムだなぁ。一曲目のメロウネスにもう蕩けそうになる。もの憂いメロウネスじゃなく春風が頬を撫でるような。これも36分という短さも良かった。

冬はまだ始まったばかり。
年明けてもこれを聴きながら遠い春を待つでしょう。

nice!(1)  コメント(0) 

ネオンの輝きを映すガフィエイラ・サウンド [ブラジル]

Bailo Do Almeidinha.jpg

最近ブラジルのバンドリン奏者アミルトン・ジ・オランダの4枚組のボックスがリリースされた。4枚とも名バンドリン奏者ジャコー・ド・バンドリンに関んする曲を演奏したものみたいなんですが、僕はそもそもジャコー・ド・バンドリンをろくに聴いたことないんですよ。

それでアミルトンで思いだしたのが、2015年のアルバム「Bailo Do Almeidinha」。
これ最高にカッコよかったんですよね。でもストリーミングでちょっと聴いただけですっかり忘れてた。今頃CD購入しました。

ショーロじゃなくてジャズ・コンボをバックにしたガフィエイラ・サウンドが最高にスウィンギーで、カラフルなイラスト・ジャケを体現するがごとく躍動感たっぷり。
ジャズもショーロも大好きな僕のためにあるようなアルバムです。

超絶技巧もダンス・フロアーを沸かせる飛び道具。
アコーディオンがほっこり流れる曲もあり、この音楽のカラフルさは都会のネオンの輝き。気楽に楽しめるのに奥は深い。これから頻繁に手が伸びるであろう傑作です。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - ブラジル ブログトップ